会社情報

  • 会社情報
  • GNCからのメッセージ
  • 代表からのメッセージ

代表からのメッセージ

代表からのメッセージ

  • facebookいいね
  • ツイート
  • google+
  • mixiチェック
  • はてなブックマーク

グローバルネットワークコンサルティング代表 オーレン・ロース( Oren Rose )

皆様こんにちは。GNC代表のオーレン・ロースです。
日本の皆様に、ご挨拶申し上げます。

私は1970年にイスラエルのテルアビブで生まれました。父親はスペイン人で、母親はユダヤ人です。
私の母国はイスラエルですから、私はユダヤ人です。母国語はヘブライ語ですが、6歳の時から英語の環境で過ごしており、英語は第二の母国語です。

その他、スペイン語や日本語など数カ国語を上手く使うことが出来ます。

代表の略歴

  • ファミリーオフィスでの勤務

    軍隊で特殊任務に就いたのちに除隊。1年間の世界旅行を経て、ユダヤの富裕な家族の「ファミリーオフィス」に勤務、のちに所長となりました。

    ファミリーオフィス(family office)と言うのは、日本ではまだなじみのない言葉かも知れません。しかしヨーロッパの資産家ならば、 規模の大小はあるものの、皆このファミリーオフィスを持っているのは常識です。

    職務の内容は、一族や家族(個人の場合もあります)の資産の運用と保全、そして資産の継承を、円滑に行うことです。
    一見すると、大概は目立たない普通の事務所です。その規模にもよりますが、構成員はパートナーの弁護士と会計士、司法書士であり、数人の事務員と共に常勤の形態です。

  • コネクションに支えられて

    私は博士号を持ったエコノミストではありません。
    ですから世界中の誰よりも経済の予測に詳しいわけではありません。
    私はディーラーでもトレーダーでもありません。私はファンドマネージャーでもありません。
    ですからどこの誰よりもファンドの将来が予見出来るなどと言うこともありません。

    しかし、この様な世界の「最も実力のある人々」「信頼出来る人々」を良く知っています。
    どの仕事を、誰に依頼するべきかを、最も良く知っているのです。
    この「国際的な人脈」こそが私の価値です。

    私はユダヤのコネクションを隠すつもりはありません。

    むしろ逆です。この世界最強のユダヤコネクションを無視して、真のコンサルタント業務はあり得ないことを、私は誰よりも 知っています。
    ユダヤ人には苦難の歴史がありますから、同胞を良く助け、有益な情報を共有するネットワークがあります。
    アメリカ合衆国において、イスラエル系住民は、全米世帯の〇.〇三パーセントしかいない「少数民族」ですが、高額所得者(年収十万ドル以上)の割合がアメリカ全国平均の約二・六倍です。
    これは少数民族ゆえに、お 互いが助け合っているからです。

    ここではすべてを挙げることはできませんが、560万人のユダヤ人が住むアメリカ合衆国では、 ハリウッドの映画業界(プロデューサー、脚本家、俳優、カメラマン、コンピュータグラフィクスなど)から、 ニューヨークの証券取引業界、シカゴの実業家、自動車業界、不動産業界、学者や科学者、文学者など、幅広く、様々な土地でユダヤ人は独自のネットワークを生かしてがんばっています。

    日本でもよく知られているディズニーの創始者ウォルト・ディズニー、投資家のジョージ・ソロス、 世界のミュージシャンで唯一ノーベル賞候補になったボブ・デュラン、代表作「変身」などで知られるフランツ・カフカ、 バイオリンの名手イツァーク・パールマン、女優オードリー・ヘプバーンなど、例を挙げればきりがありません。
    キッシンジャー長官や、証券ストラジストのアビー・コーヘン、連邦準備銀行(FRB)のアラン・グリーンスパン議長もユダヤ人です。
    ノーベル賞の受賞者は過去193人に及んでいます。

    現在の私を支えてくれているのも、そうした国際的な人脈の一部であることを、私は誇りに思っています。

  • 日本の皆さんのお役に立てるように

    私は、資産管理のすべてを、ファミリーオフィスで学びました。法律的な側面から実務面、オフショア口座やスイスプライベートバンクなど、 世界の一流の資産管理術が凝縮しているファミリーオフィスは、新しいスタイルの先鋭チームだと思います。

    すべておいて一流で、隙がなく、資産を継承する上での重要なノウレッジがそこに集結しています。

    例えば、今の日本では「ユダヤ人が教える...」のような本がもてはやされ、日本の書店に行けばおびただしいほどの「ユダヤ人と日本人の共通点」、 「ユダヤの商法の秘密」、「ユダヤに学ぶ交渉術」などの本が売られています。これは私にとって驚きです。

    さらに言えば、そうしたユダヤ関連の著作のどの一つとして、本当のユダヤ人が書いたものはありません。これもまた大いなる驚きです。

    今度は「本当のユダヤ人」の私が、さらに日本の読者の方々に「本当のユダヤの考え」をご紹介するべきかも知れないと思います。

    2013.03.19 Oren Rose

ファミリーオフィスとは

具体的な業務の内容は、保険/ファンド/株式の運用から、信託基金の設立、各種会社の設立と運営、 オフショア銀行の設立、規模によってはファンドの自前運用もあります。

資産継承に向けては特に念入りで、家族固有の事情を反映させての「プライベートな教育基金」の設立に至るまで行います。
これによりオーナー家族の各個人、各子孫のライフステージに合わせての、細かな教育生活費などの設定が可能です。

簡単に言えば、ファミリーオフィスとは、外部に依存することなく、一族(家族または個人)のお抱えのコンサルティング会社とその運用の会社が一緒になった上に、 さらに弁護士事務所と会計事務所の機能なども兼ね備えた「自己完結型」の資産保全と運用のプロ集団と言えます。
ファミリーオフィスでは、常にオフショアなどの法律や制度の変更、それに関する動向などの情報を積み重ねて、業務に最適な環境を構築しています。

自前の事務所ですから、オーナー家族は税金や届け出など一切の申告業務などの煩わしさから解放されると共に、「だまされるのではないか」との心配からも無縁でいられるのです。

これは、完璧なリスクヘッジの究極の姿です。すべてはプライベートであり、外部には一切のサービスはしません。私はこの様なビジネスに一番詳しいコンサルタントの一人です

ファミリーオフィスとは

  • そして日本へ

    ヨーロッパでしばらくファミリーオフィスに勤めた頃、私は以前から希望していた武道の修行のため、日本を訪れました。
    私は宮本武蔵が大好きで、「五輪の書」(最初に英訳された本を読みました)は私の座右の書となっています。その武蔵の祖国日本を訪れ、自分の心を見つめて武道を極めたいと考えました。

    最初は単なる武道の修行の目的でしたが、日本の自然や人々に魅せられ、気が付くと日本では長期の滞在になりました。
    その間に、私は日本の社会や法律、組織など様々な面を学び、同時に武道と居合道を極めようとしました。

    空手の修行も致しました。私は極真空手の黒帯で、当時は日本の子供たちに空手の指導も致しました。日本の子供たちとの楽しい思い出は、私の生涯の宝です。
    いま、私の事務所には、宮本武蔵と坂本龍馬の写真や資料がたくさん飾ってあります。

    私は今でも日本が大好きで、当時お世話になった方々のご恩は忘れたことがありません。ウニの刺身やイクラのお寿司、それに豆腐のみそ汁は私の大好物です。
    私はコーヒーを飲まない代わりに、日本茶を愛飲しています。焙じ茶も緑茶も抹茶もいただきます。
    日本茶を飲むたびに、日本での良い思い出が懐かしく想い起こされます。

  • GNCを設立

    そして数年前に、前述のファミリーオフィスでの経験と人脈を生かし、自分も国際資産コンサルタントとして独立致しました。
    キプロスのニコシア市にグローバルネットワークコンサルティング(GNC)を設立し、今では世界30カ所に提携事業所と契約エージェントを置くに至っています。

  • コンサルタントとして

    ユダヤ人は教育に熱心です。なぜならば、国を追われ、土地を追われる歴史があったために、最後まで失わないで守れるものは「自分の頭の中だけ」であると皆が知っているからです。
    私のコンサルタントとしての資質もここにあります。コンサルタントとしての財産は、私の頭の奥底にある「ノウレッジ(知識)」そのものです。

    私達GNCをあなたのファミリーオフィス(family office)として、大いに使って欲しいと思います。

    日本の皆様のお手伝いが出来ますことを心より願っております。

    仕事を頂いた後は、すべてに「誠心誠意」努力を惜しみません。

    私の「ノウレッジ」と「国際人脈」と「ユダヤコネクション」のすべてが、皆様の力となることをお約束致します。

    私たちはオフショアの大海原でのコンパスとなり、地図となって、すべて日本語でガイド役を致します。

    皆様の健康と人生の成功を祈願いたします。


PAGE TOP