関連書籍

  • ホーム HOME
  • 関連書籍

個人投資の楽園 オフショア入門完全マニュアル

個人投資の楽園 オフショア入門完全マニュアル

出版社:講談社

Amazonで買う

2005年3月に私の著書の第2冊目と成る本「個人投資の楽園 オフショア入門完全マニュアル」を講談社から発売しました。 現在第8刷り目となる売れ行きで読者の方々に感謝致します。 こちらの本は読者の方がこ...

続きを読む

2005年3月に私の著書の第2冊目と成る本「個人投資の楽園 オフショア入門完全マニュアル」を講談社から発売しました。
現在第8刷り目となる売れ行きで読者の方々に感謝致します。

こちらの本は読者の方がこの本に従い手続きをすれば自力で海外銀行口座開設が出来るようにという目的で発売しております。
GNCでも海外口座開設をしておりますが、その実多少の努力をすれば自力でも口座開設まで出来るのですから是非チャレンジして欲しいと思います。

この本の発売時期に時を同じくしてGNCに相談される内容が大きく変わりました。それまでは多くの方々が海外銀行口座取得を依頼して来る事が多かったのですが これを期に自力で口座を開設する人が増えた事と関係があると思います。現在では口座開設の依頼だけという段階から少し複雑な問題の解決を相談する方々が増えております。

アマゾンのブックレビューにはこの本で例にした銀行のサイト内容が変更になり本の通りではクリックする場所などが変わり使えないという苦情も頂きました。
しかし、サイトの変更は当然の事です。ですがそでも多くの読者の方々が自力で口座開設が出来たという嬉しい気持ちをGNCまでメールで頂きます。
僅かな工夫をすれば今でも充分に役に立ちます。

自力で口座開設をして運用などを確実にしている方々から今度は財産保全などの方策を助言して欲しいというメールをい頂くのが何よりの楽しみと成っています。
このようなメールをいただく事は私にとり本当に心依り嬉しく思う至福の時で著者冥利に尽きます。
まずはご自分を信じて,高い見識を持ち、日本政府の進める金融鎖国から自由に成って下さい。

日本という囲いの中で全ての税金支払い済みの所得(財産)を更に監視される状況に不満は有りませんか?

税金の囲い込みがもう直き完成する状況を今、察知出来た人は幸いです。

プライベートバンク本当の使い方

プライベートバンク本当の使い方

出版社:ダイアモンド社

Amazonで買う

2006年1月 私の第三冊目となる著書がダイアモンド社から発売に成りました。 プライベートバンクの本当の使いかたを知って欲しいととの願いから書きました。 スイスプライベートバンク(以下PBと記載)は依...

続きを読む

2006年1月 私の第三冊目となる著書がダイアモンド社から発売に成りました。

プライベートバンクの本当の使いかたを知って欲しいととの願いから書きました。

スイスプライベートバンク(以下PBと記載)は依然部外者からは秘密めいていて近寄りにくい印象が有ります。
これをより一層身近なものにしたいとの思いで事実に沿いながら解りやすく解説しました。 多くの方々から非常に好意的なご評価を頂いております。
実際にスイスPB を必要としている富裕層に向けて書きましたので一般の方には信じがたい内容が有ったかと思います。 PBを必要としている方には福音書と成ったでしょう。
それだけに需要の無い方々からの反応はネガティブなものも有りました。

ここで一言申し上げたい重要な事が有ります。それは本を書く時にはいつも2つの事で心が揺れていると言う事です。

ある程度踏み込んで書かなければ読者の信用が得られない反面、余りにも踏み込んで書き過ぎると私の持つ既存顧客のプライバーが守れなく成ります。

すでに多くのスキームを実行している私の既存顧客の手の内を全部見せる事は出来ません。
余りにも踏み込んで書けば課税当局がこれを阻止しようという動きになる事も明確です。
このような前後の思いの中で私の苦しい胸の内をいまここでお話出来る事を幸いに思います。読者の信用は得たい! でも既存顧客の秘密を話す事は出来ない!

私は本を書く時にいつもこの2つの矛盾する事で思い悩んでいます。

この本の中でスイスの主なPBはほぼ漏れなく具体的な名前を挙げて紹介しました。しかしながら私があらゆる点で最高と思うPBの名前は敢えて記述していません。
すでに実行済みの既存顧客のプライバシーに配慮する事はコンサルタントとして守らなければならない基本的な責務で有るからです。

私は顧客から業務上知り得た事は終世守秘義務を守り抜き、それを墓場まで持って行く事は私の使命と信じます。

スイスPBが必要な方には必見の良書となるでしょう。アマゾンからお申し込み下さい。

雨の日の傘の借り方

雨の日の傘の借り方

出版社:講談社

Amazonで買う

これは私の最初の著書で2003年に講談社から発売されました。その後版を重ね現在は第8刷りのロングセラーと成りました。 販売実部数は3万部を超えております。経済関係のこの手の著書としては異例に長い販売記...

続きを読む

これは私の最初の著書で2003年に講談社から発売されました。その後版を重ね現在は第8刷りのロングセラーと成りました。
販売実部数は3万部を超えております。経済関係のこの手の著書としては異例に長い販売記録と講談社の担当者から言われております。

政治はいつのどの時代でもまたどこの国であっても本来失政を続けるものです。

完全な人間もいないし、ましてや完全なシステムなど存在し得ないのだとしたら無理もないことでしょう。政治は必ず失政の雨を降らせ続けます。
この失政の雨の中で家族共々ずぶ濡れになってしまわないような工夫が今求められているわけです
失政の雨はいま降り始めたばかりです。これからドンドン雨足が激しくなるでしょう。横殴りの雨になるかも知れません。

こんな時に大きな傘を持っていたならどんなに心強いでしょうか?

「億万長者だけが知っている、雨の日の傘の借り方」はこんな示唆に富む傘の使い方の方法を紹介しようと出版されました。

拙著「億万長者だけが知っている、雨の日の傘の借り方」という本を、私は2003年9月に上梓致しました。

すでにお読みくださった方からはたくさんの励ましのお声をいただいており、誠に感謝致します。
日本の皆様からこのように暖かいご支援を承ることは私にとって予期せぬ喜びでございました
私が今回、この本を出版することを決意したのは、ここに書かれた情報を日本の皆さんに提供することが、きっと日本のためになると信じたからです。
日本の講談社という出版社から依頼を受けたのは、ずいぶん前のことになります。
私はこれまでも日本の数々の出版社から著作を打診されてきましたが、すべてお断りして参りました。
2002年、講談社から執筆依頼をいただき、それならばと出版に踏み切りました。

そこには「信頼」と「安心」があったからです。

もし日本で出版するならば、私は出版元は「日本一の出版社」にしようと考えていました。
皆さんもよくご存じのように、講談社は日本の最大手、実績も信頼も日本でトップの出版社です。
私はその後、出版契約を結び、その際、講談社が設ける、非常に厳密な取り引き審査を受けました。
著者としての適合性を個人・法人とも判断され、また原稿の内容に関しては、編集部による事実確認や史実の審査、法律的な整合性、さらに校閲部による入念なチェックを受けました。
そして印税の支払いを含めて口座の審査を受けたのち、発刊に至り、現在の講談社との良好な関係を築くこととなっております。

この本の38ページ目には日本の年金問題が将来日本の大きな問題に成る事を年金が破綻したハンガリーに例をとり指摘しました。
それから僅か4年後の2007年に日本で消えた年金が大きな社会不安として取り上げられました。
私の予測がこれほど早い時期に的中した事を悲しい気持ちでニュースを見ました。

2007年度の流行語大賞にはこの「消えた年金」が選ばれた事は大きな悲しみです。
またこの本には当時世界の自殺率ランキングで第6位のハンガリーと世界11位の日本がいつ入れ替わってもおかしく無い事を警告しました。
年金を政府財政の立て直しのための犠牲にする意図が見え見えです。そして現在日本の自殺者は政府発表で年間3万人を超え先進国中で第一位という不名誉極まりない順位です。
日々たれ流されるテレビの軽薄なお笑い番組はこのような暗い事実を覆い隠そうとしているかのように私には見えます。
軽薄で安っぽいお笑いで誤摩化す様な人生なら私はいらないと思います。

ご自分とその愛する家族の為に今何が出来るかを熟慮して下さい。

そして日本には無い優れた法制度を使い海外で資産保全と運用をして、その財産を家族に無税で継承させる事をお勧め致します。

ユダヤ人なら年金を絶対国にまかせない!

ユダヤ人なら年金を絶対国にまかせない!

出版社:宝島出版社

Amazonで買う

GNC代表オーレンロースの新刊書が2008年8月8日宝島出版社から発売に成りました! 初回3万部はすぐに売り切れて重版がかかり2009年2月までに4万5000部を超える販売実績となりました。反響の大...

続きを読む

GNC代表オーレンロースの新刊書が2008年8月8日宝島出版社から発売に成りました!

初回3万部はすぐに売り切れて重版がかかり2009年2月までに4万5000部を超える販売実績となりました。反響の大きさにこの場を借りて御礼申し上げます。

なぜ世界人口に占めるユダヤ人の割合が0,2%に過ぎないユダヤ人にノーベル賞の受賞者が193人もいるのか?
その理由を足がかりにユダ的思考の形態を詳述。スイス変額保険の非常に詳しい仕組みを解説しました。なぜ日本人がこの保険を利用すべきで有るかが理解できるように努めました。

これからスイス変額保険をお考えの方には必読の書とお勧め致します。この特別の保険の構造を理解する事は貴方の将来に明るい希望が持てると確信致します。

サブプライムローン問題など混迷する世界経済のうねりの中を生き抜くユダヤ5000年の知恵に学ぶ個人の身の振り方を解説。

本物のユダヤ人だから書けた個人年金の作り方、家族と個人の普通の生活を守り抜く方法を詳述しました。
デスボンド(死亡債券)の実際、あらゆる個人、法人の予期せぬ破綻、倒産に備える資産防衛の最新技術について判例を織り交ぜ詳しく解説。
国の運命と個人の運命を切り離す知恵に多くのページを割きました。混迷する時代を生き抜く方法をユダヤ人の知恵で切り開く注目の書。
1200円で絶賛発売中!アマゾンから注文が出来ます。


PAGE TOP