• ホーム HOME
  • オフショア 海外投資 プライベート・バンク 情報ブログ
  • facebookいいね
  • ツイート
  • google+
  • mixiチェック
  • はてなブックマーク

柔軟で便利なオンライン手続きで開設可能な海外口座(個人名義も法人名義も渡航不要)
Feb 24
2014

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へブログを書くモチベーションになりますので、応援クリックお願いします。

b2f6d5bf.png

海外の銀行口座の開設は年々困難になってきています。

有名なところでは皆さんも良くご存知のHSBC香港では、日本人の口座開設者のほとんどが英語や中国語の対応ができない為、

銀行側が敬遠をしている現状があります。

新規口座開設は益々難しくなってきています。

以前までは開設ができたが、その後の口座の利用について、

口座維持手数料の徴収ができなかった場合などは、

銀行側は本人へ電話連絡などをしたりする場合もあります。

その時に本人が対応できないことが、銀行側にとっては非常に困り、

管理コストの増加にもつながりメリットがありません。

 

そこでGNCがお勧めするのは、銀行では無いが同様なサービスが提供できるE-Wallet のi-Account です。

i-Account は、香港やニュージーランドの金融ライセンスに基づき運営されています。

E-Wallet会社は世界にも多数ありますが、中には金融ライセンスを持たない会社もあるので注意してください。

i-Accountについて、詳しくはGNCサイトにも記載しています。

http://gnc-uk.com/service/bank-account/e-wallet.html

 

GNCで特にお勧めしたいのが法人名義での口座開設です。

以下に特徴を記載します。

 

①渡航不要、郵送も不要、オンライン上の手続きで口座開設可

法人名義であってもオンライン上の手続きで口座開設が完了。

必要書類については一般的な銀行口座を開設する場合と同等ですが、

認証などの面倒な作業は不要で、必要書類の郵送も不要です。

必要書類をスキャンコピーにてメール添付の送信で可能です。

 

②原則どこの国の法人名義でも口座開設が可能

原則世界のどこの国の法人であっても開設は可能で、

GNCではオフショア法人とのパッケージをお勧めしています。

現在、ある特定の国のオフショア法人だと口座開設が断られる銀行もありますが、

i-Accountでは特に規制はなく開設が可能となります。

以下のGNCサイトでサポートしている法人設立には、i-Account口座もパッケージとなっており、

海外口座とのパッケージとして考えると非常にコストパフォーマンスが良いと考えられます。

http://gnc-uk.com/business/company-establishment/

 

 

③法人口座に連動したマスターカード(リチャージ式)が2枚まで発行可能

i-Accountに連動したリチャージ式のマスターカードを2枚まで発行可能です。

i-Accountから必要に応じて、マスターカードにチャージをすると、

即時にマスターカードに資金移動が完了して、利用が可能となります。

ショッピング中にマスターカードの残高が足りない場合、スマートフォンからアクセスし、

即時にチャージして使用することも可能となります。

このマスターカードの主な利用上限額は以下の通りです。

・カードへの入金上限額はEUR10,000 (約130万円)(使用後は繰り返しリチャージ可能)

・ATM引き出し上限額 EUR750(約10万円) / 1日

※日本のATMで引き出す場合、ゆうちょ銀行やセブン銀行、外資系銀行や空港内のATMで引き出すことが可能です。

 

④安心の日本語カスタマーサポート対応

基本的にはEメールでの対応になるが、日本語での対応が可能。

大きな法人の場合は電話等の対応も可能となります。

海外銀行や他社E-Wallet会社では日本語対応がなかったり、

問合せをしても数日後でないと返信がなかったり、英語で返信が届いたりといった不満を良く耳にします。

しかしi-Accountのカスタマーサポートではそのような不満になる対応はなく、安心です。

 

⑤渡航不要、郵送不要で開設可能

郵送で口座開設が可能で、個人名義でも法人名義でもオンライン上で口座開設が可能。

渡航も郵送も不要で、非常に簡単に口座開設が可能となります。

特にGNCでお勧めするのは、オフショア法人名義での口座利用です。

i-Accountとのパッケージでオンライン上の手続きで法人口座が開設可能となり、

早ければすべて含めて2週間ほどで手続きが完了します。

法人設立が完了後、i-Account口座開設は数日以内で開設完了するので、

すぐに利用することが可能です。

 

⑥法人口座から一括振替処理が可能

法人名義のi-Accountから他人名義のi-Accountへの振替(同行内振替)について、

一括振替処理が可能となります。

これは銀行や他社E-Walletにはない大きな特徴なので、i-Accountの大きなアドバンテージと言えます。

一括振替は以下の2パターンあります。

 

(A) i-Account 内に振替先一覧を登録する方法

振替先の口座番号の一覧を事前に登録をしておき、例えば従業員や会員向けの報酬などを振込予約する方法です。

これは毎月決まった日に振込処理が必要で、金額は毎回変わる場合に有効です。

 

(B) 一括振替のデータ(エクセルフォーマット)をi-Account社へ渡して処理する方法

上記(A) の方法でも面倒な場合、例えば、振替先が1000口座、2000口座あった場合に、

振替処理のデータを所定のエクセルに記入してi-Account社へ渡すことにより、

指定された日付に振替処理を実行することが可能です。

 

一括振替の機能は銀行やE-Walletにはほとんど無いので、

多数の従業員や会員を持った企業にとっては非常に便利で有効と言えます。

会社の経理担当者にとっても複数への振込が一括処理・予約ができるのは嬉しい限りです。

 

⑦一括自動引落し(収納代行)

i-Accountでは、毎月決まった日付、金額、顧客の口座から引き落としたい場合、

手続きを行うことが可能です。

毎月決まった日付でなくても、その都度引落しをしたいデータを提出いただくことにより、

引落し対応が可能です。

これは法人側と顧客側の双方でi-Account口座を持っていることが条件となりますが、

海外口座ではほとんど無い機能で、非常に便利です。

もちろん顧客の同意のもとに自動引落しが行われます。

これにより、企業側は顧客から会費の徴収を漏れなく行うことが可能です。

日本でいうところの、収納代行のイメージです。

 

⑧取扱通貨は全20通貨

以下の20通貨の利用が可能で、好きなときに24時間外貨両替することも可能。

multi_currency.png

JPY,USD,EUR,GBP,CHF,HKD,SGD,ANZ,AUD,CAD,CNY,PHP,NOK,DKK,SEK,

CZK,TRY,HUF,BGN,RON

i-Accountはすでに世界中にユーザーが居ます。

 

⑨一括口座開設

GNCはi-Account の正規な認定エージェントの為、口座開設のサポートが可能です。

例えば、多数の従業員や会員を持った企業から、口座開設の為の書類一式を預かり、

そして口座開設に必要な個人情報等のデータを所定のエクセルフォームで頂くと、

口座開設の申請手続きが可能となります。

すでに自社内で顧客情報をCRM(顧客管理ソフト)などで管理していた場合、

データの一括出力も可能ですので、その後の手続きを簡単に行うことが可能です。

一括口座開設の処理について、もし件数が非常に多い場合はi-Account社とも相談をし、

より簡易的なシステム構築についてを協議をすることが可能です。

非常に柔軟な対応が期待できます。

 

⑩ビザ・マスターカードからi-Account口座にチャージ可能

最新情報ですが、お手元のビザ・マスターカードを使い、i-Account口座に入金処理を行うことが可能です。

これは非常にユニークな仕様になっており、バーチャルカード(リチャージ式プリペイドマスターカード)を通じて行われます。

バーチャルカードはカードプラスティックが発行されず、バーチャル式のマスターカードとなる為、

オンライン専用で利用することが可能です。

詳しくは別の機会に説明をしますが、一旦、バーチャルカードを発行していただくと、

バーチャルカードに資金をお手元のビザ・マスターカードから入金していただくことになります。

その後、バーチャルカードからi-Account口座へ入金処理の手続きを行う流れとなります。

一見手間に思われるかも知れませんが、

ユニークな使い方としては、バーチャルカードに入金した後に、オンラインゲームのチケットを購入したり、

オンラインショップの買い物で利用することも可能です。

自身の手元のビザ・マスターカードを使うときに、初めての海外のサイトなどの利用で、

不安や抵抗がある場合に、バーチャルカードに必要な分だけの資金を入金し、

利用するという方法も可能です。

 

⑪他人名義の銀行口座宛てに海外送金が可能

 2.jpg

これは当たり前のことのように思われるかも知れませんが、他社E-Walletの場合はほとんどできません。

もちろん一般的な銀行では他人名義の他の銀行へ送金することは問題ありませんが、

E-Walletでは制約があり、できない場合が非常に多くあります。

しかし、i-Accountでは可能となるので大きなメリットと言えます。

 

海外送金は通常は1件1件の送金処理になりますが、

もし多数の従業員や会員向けに一括海外送金を行いたい場合は、

送金件数にもよりますがi-Account社へ相談してみる価値があります。

i-Account社は非常に柔軟に対応をしてくれます。

 

 

 

 

まとめ

主な特徴は上記に述べましたが、既にi-Accountではマスターカードが連動していますが、

実は他のカード(ビザカードなど)も連動して利用することが可能です。

企業の独自ロゴを記載したカードの発行も可能で、

そのカードをi-Accountと連動させて使用することも可能となります。

カードのことについてはまた別の機会に詳しく説明することとします。

 

i-Accountやカードのことについて少しでも興味や疑問がある場合は、

いつでも本サイトまでご連絡ください。

海外銀行口座への道が閉ざされつつある今、非常に注目を集めているのがi-Accountです。

個人名義での開設ももちろん可能ですので、興味がある方は是非お問合せください。

ビジネス利用で海外進出を考えられている方は是非一度GNCへお問合せください。i-Account以外でもインフラ面を始めとして、GNCではほとんどのことがサポートが可能です。

b2f6d5bf.png

 

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へブログを書くモチベーションになりますので、応援クリックお願いします。
お問合せ

ご感想やご意見、ご質問をお寄せください。お待ちしております。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

PAGE TOP